CANDLE CAFE & Laboratory ΔΙΙ

Fujiyoshi Brother’s EXHIBITION「鮮明と曖昧の狭間に」
EXHIBITION
 − 
Fujiyoshi Brother’s EXHIBITION「鮮明と曖昧の狭間に」
ガシュッ、ガシュッ。ガシュガシュ。静かなアトリエにサンドペーパーで削る音が響き渡る。

少しずつ削られ絵画表面から消滅していった色彩たちは、止まることなく進み続ける時間の中で徐々に霞んでいく記憶そのもの。

来る日も来る日も描いては削り、磨いて蓄積させていくAccumulate Painting。
日々変化していく社会と同じく、完成イメージを更新させながら絵画空間を広げていくこのシリーズの制作過程で僕らは気づいた。

鮮明と曖昧の狭間に美しさは宿る。

その美しさは、私たちの心にぽっかりと空いた穴を優しく埋めていくだろう。
他のものでは満たすことができない渇望を暖かな光で照らすことを願って。
PROFILE
Fujiyoshi Brother’s(フジヨシブラザーズ)
Fujiyoshi Brother’s(フジヨシブラザーズ)
Fujiyoshi Brother’s(フジヨシブラザーズ)は、兄の藤芳太一郎(1978年熊本生まれ)と弟の藤芳幸太郎(1979年熊本生まれ)により、2000年に結成されたアートユニット。現在、神奈川を拠点に活動。
熊本の自然の息吹と生物の多様性に触れながら育った兄弟は、独学で絵画を学ぶ。
2004年に前編、2005年に後編と2回にわたり開催した個展「PANOLAMA ISLAND 全長100Mの巨大絵画展」(PLOMO-ARTE Project Gallery 東京)以降、全ての作品を合作で制作している。
アクリル絵具にグリッターや蛍光色などを多用した豊かな色彩と独特な世界観で表現される開放的な画風で「アニマルシリーズ」を確立させる。
近年、表現の幅は多岐にわたり2019年には「Fujiyoshi Brother’s EXHIBITION “Accumulate Painting”」(QUIET NOISE arts and break 東京)で、時間という概念を視覚化した作品を発表し、絵画空間の可能性を追求している。
又、ライブペインティング、壁画、インスタレーション、ワークショップ、舞台美術、プロダクトなど様々な分野で活動。
出版物は『Fujiyoshi Brother’s COLORING BOOK 動物たちの楽園』(玄光社2015年)、画集『202020』(私版2020年)、News Letter『Fujiyoshi Brother’s NEWS』
(私版2019年〜)

HP:http://fujiyoshi-brothers.com/外部リンク
instagram:@fujiyoshibrothers